ソフトバンク森乱調で冷や汗…1点差で微妙判定も逃げ切り

西日本スポーツ

DeNAに勝利し、ハイタッチを交わすソフトバンクナイン 拡大

DeNAに勝利し、ハイタッチを交わすソフトバンクナイン

 ◆ソフトバンク4-3DeNA(15日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが冷や汗をかきながら逃げ切った。

 先発の高橋礼は初回2死から連続四球で満塁のピンチ。ここで一塁手グラシアルが打球をはじく失策を犯し、1点を先制された。

 それでも直後、上林の二塁打を足掛かりに1死満塁とすると、グラシアルの三ゴロで併殺が崩れる間に同点とした。

 3回に内川のソロで勝ち越すと、4回にはグラシアルのソロで2点差。6回は松田宣の適時打でリードを3点に広げた。

 迎えた9回は森が無死からロペスにソロを浴び2点差。さらに1死一、三塁で代打佐野に適時打を浴び、1点差に迫られた。

 なおも1死一、二塁で神里は三ゴロ。三塁手・松田宣が三塁ベースを踏んで2死。一塁送球が本塁方向へそれ、一塁手・福田がベースを離れて捕球し、神里へのタッチを試みた。

 判定はタッチアウトながら、DeNAラミレス監督がリクエスト。場内に流れた映像では福田がタッチしたか、神里が紙一重でかわしたか、判然としなかった。約2分半のリプレー検証の結果、判定は変わらずアウト。ダブルプレーで試合終了となった。

 高橋礼は交流戦2連勝でチーム単独トップの7勝目。森は19セーブ目を挙げた。


 

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ