森あわや救援失敗も工藤監督「守護神。逆転されても」

西日本スポーツ

森(右)からウイニングボールを受け取る高橋礼 拡大

森(右)からウイニングボールを受け取る高橋礼

 ◆ソフトバンク4-3DeNA(15日・ヤフオクドーム)

 勝ったソフトバンクながら、最終回は薄氷を踏む思いだった。

 3点リードの9回に登板した森が乱調。無死からロペスにソロを浴びると、さらに単打3本を重ねられ1点差とされた。なお一、二塁で当たっていた神里を三ゴロに打ち取り、併殺で胸をなで下ろしたが、相手リクエストでリプレー検証。判定は変わらなかったが、しばらくゲームセットまでしばらく待たされた。

 この交流戦の森は4日連続登板で滑り出すなど、この日がチーム11試合で7試合目の登板。この交流戦では初失点だった。

 「もう任せた」との思いで9回を見守ったと言う工藤監督は「森君はウチの守護神。任せた以上は、たとえ逆転されようとも。僕が任せて行かせている。チームとして納得してのところ」と強調。「DeNAさんの粘りにちょっと苦しみましたけど、最後をしっかり締めて。そこら辺はさすが」とうなずいた。

 交流戦順位では、敗れた首位日本ハムと並んで同率首位に。パ・リーグ3位は変わらず、首位に浮上した楽天と1ゲーム差、2位に後退した日本ハムとは0・5ゲーム差となった。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ