内川離れ業V弾も自虐「自分の打球に信用なかった」

西日本スポーツ

3回2死、左翼スタンドにソロ本塁打を放つ内川 拡大

3回2死、左翼スタンドにソロ本塁打を放つ内川

 ◆ソフトバンク4-3DeNA(15日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク内川の技巧的な本塁打がチームを勝利へと導いた。

 3年ぶりのDH出場。同点の3回、右腕井納のカーブに反応した。内角低めの窮屈になりそうなコースだったが、とっさに体を引いて距離を取り、自分の間合いに引き込んで左翼席へ放り込んだ。

 結局これが決勝打。7勝目の高橋礼と上がったお立ち台で「もう思い切って打とうと。皆さんもご存じの通り数字があまり(打率順位の)上にないので」と自虐的に話した。

 「打った瞬間入ったと思った」と言ってすぐ「自分が打った打球で、久しくああいう当たりを見てないので。打球に対してちょっと信用はなかったですかね」とも。「入れよ」と思いながら走ったと言う。

 それでも鮮烈な9試合ぶりの6号。「打った後はちょっと、ホームラン打者になったんじゃないかと勘違いするぐらいきれいな当たりだった。たまにはこういうこともいいかな」。ここ3試合で3番。この日3打数1安打でわずかに打率を上げ2割4分2厘とした。

PR

PR

注目のテーマ