ソフトバンク高橋礼チームトップ7勝 セ界の大砲筒香から2K「自信になった」

西日本スポーツ

7勝目を飾りファンとタッチする高橋礼 拡大

7勝目を飾りファンとタッチする高橋礼

DeNA打線を1失点に抑えた高橋礼 3回に筒香から空振り三振を奪った高橋礼 6回に筒香から空振り三振を奪った高橋礼 高橋礼の今季登板成績

 ◆ソフトバンク4―3DeNA(15日・ヤフオクドーム)

 セ・リーグ屈指の大砲から空振り三振を二つ奪って見せた。3回は筒香に内角高め138キロで空を切らせ、6回1死からは徹底して低めを突いて追い込む。勝負球には高めの直球を選んだ。「高めに強く浮き上がるボールが僕の持ち味」。この日最速の140キロを投げ込むと、バットはボールの下を過ぎていった。高橋礼は狙い通りの空振り三振に「自信を持てる投球になった」と笑みを浮かべた。

 初回にいきなり失点した。先頭神里に左前打。2死三塁までこぎ着けたが4番筒香、5番ロペスには慎重になりすぎ連続四球を与えると、味方の失策も重なって先制を許した。だが崩れない。2回からは「勢いが必要」と重心がやや後ろに残っていた軸足の右足の蹴りを強め、推進力を高めた。7回まで散発の4安打に抑え、チーム単独トップの7勝目(1敗)を挙げた。

 この試合で規定投球回(65回)にちょうど達した勝ち頭。「千賀さんや大竹が踏ん張っているのを見て、奮い立っている。僕の時は援護も多い。勝てるときに勝たないといけない」。援護点は6・65と、防御率2・63のサブマリンにとって十分すぎるサポートを受けているだけに、積み上がる白星にも冷静だ。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ