高橋礼はもっと大胆な投球を/藤原満氏の目

西日本スポーツ

西日本スポーツ評論家の藤原満氏 拡大

西日本スポーツ評論家の藤原満氏

 ◆ソフトバンク4―3DeNA(15日・ヤフオクドーム)

 高橋礼は2回以降、完璧だった。真っすぐに威力があり、完全に詰まらせての内野ゴロが多かった。下手投げの特徴を存分に発揮したと言えるだろう。

 ただ初回の投球に注文がある。強打者ぞろいの相手を意識したのか、コースを狙いすぎてカウントを悪くし、走者をためた。悪いときの高橋礼の投球だった。立ち上がりから真っすぐの球威はあったので、押していくべきだった。真っすぐに勢いがあり、チェンジアップとの緩急も使える本格派の投手。2回から修正したのは立派だが、序盤から腕を振って打者に合わせずに自分のペースで大胆に投げてほしい。

 打線にも苦言を呈したい。リードを2点にした4回1死一塁、甲斐の打席でエンドランを仕掛けたが、甲斐が空振りして一走松田宣が刺された。フォークだったが、絶対にバットに当てなければいけない場面での大振りはいただけない。7回無死二塁では川瀬のバントが捕手の目の前に転がり、二走甲斐が走塁死。川瀬は当然良くないが、甲斐もあの打球で走ってはいけない。ここに来て本塁打での得点が目立つ。ただ一発だけでは勝てない。しっかり決めるべきところは決めてほしい。 (西日本スポーツ評論家)

PR

PR

注目のテーマ