ソフトバンク・デスパイネ左肘付近死球 大事取り交代

西日本スポーツ

1回1死一、二塁、死球を受けるデスパイネ 拡大

1回1死一、二塁、死球を受けるデスパイネ

 ◆ソフトバンク4―3DeNA(15日・ヤフオクドーム)

 2試合連続で「4番左翼」で先発出場したデスパイネが5回の守備からベンチに退いた。初回の第1打席でDeNA先発の井納の真っすぐが左肘付近に直撃する死球を受けたため、大事を取った。

 患部付近には腫れも見られたが試合後は「大丈夫」と話し、球場を後にした。工藤監督は「病院には行かない」と話し、16日の出場は当日の患部の状態を見て判断する。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ