ソフトバンク・グラシアル今季初一塁で失策 生真面目さ裏目に

西日本スポーツ

1回2死満塁、横浜・楠本の一ゴロで一塁カバーに入る高橋礼。グラシアル(右)がこぼし先制を許す 拡大

1回2死満塁、横浜・楠本の一ゴロで一塁カバーに入る高橋礼。グラシアル(右)がこぼし先制を許す

 ◆ソフトバンク4―3DeNA(15日・ヤフオクドーム)

 今季初めて一塁守備に就いたグラシアルが、生真面目さが裏目に出た失策を犯した。初回2死満塁から一、二塁間に飛んだ楠本の打球を二塁手の明石が処理する構えを見せたが、グラシアルが猛然と走り込み、捕球しきれずにはじいてしまう適時失策。

 昨年5月以来の一塁守備だけに「前回からだいぶ期間があったので、最初は難しさがあった」と振り返った。

PR

PR

注目のテーマ