ソフトバンク松田宣、同期藤岡撃ちに満足「わくわくして打席に…」

西日本スポーツ

6回2死二塁、中前適時打を放つ松田宣 拡大

6回2死二塁、中前適時打を放つ松田宣

 ◆ソフトバンク4―3DeNA(15日・ヤフオクドーム)

 松田宣がドラフト同期入団の藤岡からタイムリーを放った。2点リードの6回2死二塁。低めの変化球を中前へ運び、リードを広げた。

 自身は大学・社会人ドラフトの希望枠で、藤岡は同3位で2006年にソフトバンクに入団した間柄だ。それだけに「同期の藤岡との対戦だったので、わくわくして打席に入りました。2アウトから追加点が取れたことも良かった」と満足そうだった。

PR

PR

注目のテーマ