斉藤和巳氏の野球人生つづる 福岡市で本出版記念トークショー

西日本スポーツ

著者・元永知宏氏(右)とのトークショーで選手時代の思い出を語る斉藤和巳氏 拡大

著者・元永知宏氏(右)とのトークショーで選手時代の思い出を語る斉藤和巳氏

 本紙評論家で、元ソフトバンクのエース、斉藤和巳氏の栄光と苦悩を追った「野球を裏切らない‐負けないエース 斉藤和巳」(元永知宏、インプレス、税込み1944円)の出版を記念したトークショーなどが15日、福岡市内であった。

 2003年に20勝を挙げてホークスを日本一に導いた斉藤氏。2度の沢村賞に輝くなど日本を代表する投手に駆け上がりながら、右肩の故障、手術でチームを離れた。その後、復活を目指し「6年間」のリハビリ生活を送るなど、記録にも記憶にも残った野球人生。本人のインタビューや王貞治球団会長、小久保裕紀氏らの証言を基に負けないエースの真実に迫った。

 トークショーでは、斉藤氏が著者の元永氏から質問を受ける形で、2軍時代の秘話や飛躍のきっかけとなった小久保氏との出会い、過酷なリハビリについて明かした。斉藤氏は「読んでいただいた方から『勇気が湧いた』と言ってもらった。何かしらみなさんに伝わるものがあればうれしい」と話した。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ