バント構えも…ソフトバンク甲斐が逆方向へ起死回生弾

西日本スポーツ

8回1死、右中間ソロを放つ甲斐 拡大

8回1死、右中間ソロを放つ甲斐

 ◆ソフトバンク-DeNA(16日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク甲斐が値千金の本塁打を放った。

 DeNA先発のルーキー上茶谷を打ちあぐね、1-2で迎えた8回1死。3ボール1ストライクからの5球目の真っすぐを捉え、右中間ホームランテラスへ7号同点ソロを放り込んだ。

 この打席は1ボール1ストライクからの3球目、ワンバウンドのフォークを見送った際にはセーフティーバントの構えも見せていた。

 「バッティングカウントだったので思い切って振りにいきました。少し上がりすぎてしまったけど入ってくれて良かったです」と喜んだ。静まりかえったDeNAベンチは、上茶谷の降板を決めた。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ