西武、10得点で3カードぶり勝ち越し 松本航が本拠地初勝利

西日本スポーツ

 ◆西武10-6ヤクルト(16日・メットライフドーム)

 西武が3カードぶりの勝ち越しを果たした。1点を追う3回に源田の二塁打で追い付くと、4回には森の右中間二塁打で勝ち越し、メヒアには左翼への4号2ランが飛び出した。5点リードの6回には秋山の左越え12号3ランでリードを広げた。5月4日の楽天戦一来の一発を放ったメヒアは、お立ち台で「久々の本塁打。早く打ちたかった。メットライフドームのファンの前で打てて本当によかった」と喜んだ。

 先発のドラフト1位ルーキー松本航は、山田哲に初回先頭打者本塁打を浴びたが、6回途中まで被安打6、2失点にまとめ、プロ初登板初先発だった5月19日のオリックス戦以来の2勝目。本拠地では初勝利となった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ