延長12回無死満塁0点でドロー 工藤監督言葉続かず

西日本スポーツ

延長12回2死満塁、高谷が三邪飛に倒れ、悔しがるソフトバンクベンチ 拡大

延長12回2死満塁、高谷が三邪飛に倒れ、悔しがるソフトバンクベンチ

 ◆ソフトバンク2-2DeNA(16日・ヤフオクドーム)

 8回に追いついて延長にこぎ着けたソフトバンクながら、勝ち切れなかった重々しさが残る幕切れとなった。

 同点で迎えた延長12回、連打と敬遠で無死満塁と絶好のサヨナラチャンス。ところが松田宣、上林、高谷が凡退し、DeNA山崎を仕留め損ねた。

 あと一本が出なかったことに、工藤監督は「うん、そうですね…」と言ったきり、しばし沈思黙考。この3連戦1勝1敗1分けの結果についても「プラス材料はあると思います」と言った後、言葉が続かなかった。

 パ・リーグは上位チームが苦しみ、3位ソフトバンクにとっては首位楽天との1ゲーム差、2位日本ハムと0・5差を埋めるチャンスだった。それでも日本ハムと同率の2位に浮上した。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ