ソフトバンク二保「両方とも失投」2被弾悔やむ…

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-2DeNA(16日・ヤフオクドーム)

 今季2度目の先発になった二保は2被弾を悔やんだ。4回1死、宮崎に外角高めのツーシームを右翼テラス席への同点ソロにされると、6回2死には乙坂に高め直球を左中間テラス席に運ばれるソロで、いったん勝ち越しを許した。前回登板の5月28日オリックス戦の4回を上回る5回2/3を投げて2失点にまとめたが「(本塁打は)両方とも僕の失投」と反省。一方で「こうやれば試合をつくれるという収穫もあった。チームが負けなかったことが救い」と手応えも口にした。

PR

PR

注目のテーマ