中田、岡本健、長谷川勇…1軍実績組の今/ソフトバンク2軍この1週間

西日本スポーツ

ソフトバンク・長谷川勇、中田 拡大

ソフトバンク・長谷川勇、中田

 ◆ウエスタン・リーグ 6月11日広島戦(タマスタ筑後)~16日オリックス戦(豊中ローズ)5試合集計

 ウエスタン・リーグは開幕から丸3カ月が経過した。前週は中止が1試合あり5試合を戦ったソフトバンクは、ここまで60試合を消化。26勝29敗5分けで勝率4割7分3厘、首位阪神とは6ゲーム差の4位だ。

 1軍で実績のある選手の奮闘も続いている。投手では中田が13日広島戦に先発。6回を6安打4四球ながら1失点で粘り、自身に勝敗はつかなかったがチームの勝利に貢献した。

 今季11試合に登板し2勝3敗。5月には背中の張りによる緊急降板もあったが、チームで唯一、規定投球回に到達している。規定投球回到達8人中8位の防御率3・55と、リーグで2番目に多い22与四球は課題だ。

 岡本健は期間中2試合に登板し無失点。1回1/3を投げた13日広島戦で今季初勝利も挙げた。昨季はチーム事情で1軍交流戦の開幕投手も務めた救援右腕。右肘手術明けの今季はここまで14試合に登板し、1勝0敗1セーブ、防御率3・18だ。

 野手では左アキレス腱(けん)痛から5月末に実戦復帰していた長谷川勇が、復帰後初の2試合連続安打をマークした。期間中は3試合に出場して9打数2安打。2本は左中間と右中間への二塁打だった。

 牧原は16日オリックス戦での3安打もあり、期間中5試合で17打数6安打と上り調子。また左脇腹の肉離れで離脱していた西田が、13日広島戦で実戦復帰した。期間中3試合に出場し9打数2安打だった。

 2軍は20日まで試合がない日程。21日からホームで阪神3連戦に臨む。

PR

PR

注目のテーマ