大津3度目V 2年生ツートップがけん引/全九州高校サッカー (2ページ目)

西日本スポーツ

■九州国際大付、決定力不足に泣く

 6年ぶりに決勝に進んだ九州国際大付は、初優勝に手が届かなかった。試合序盤は敵陣に攻め上がったが、先制点を奪われると立て続けに失点を許した。0-3の後半10分、左CKに頭で合わせた吉田晃のボールを吉田直が押し込み、1点を返したのが精いっぱい。稗田主将は「立ち上がりは良かったが、決定機で決めきれなかった」と敗因を挙げた。2日の福岡県大会決勝で東福岡に0-0からのPK戦で敗れ、全国総体出場を逃した。稗田は「今日出た課題をプリンスリーグ、選手権に生かしたい」と力を込めた。

PR

高校サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング