初日9Rは横関裕樹の捲りに期待/ミッドナイトF2

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイトが19日に開幕する。初日のメインは1、2班戦の9R特選。直近4カ月で96点を持つ横関裕樹(岐阜)が自慢の捲りで制圧するとみたが、2分戦だけに木村幸希(広島)の抵抗も厳しそうだ。前半のガールズ戦は、奥井迪(東京)が完全Vを狙って登場。

【9R特選のコメント】
(1)横関裕樹 今期は直前欠場を2回している。そのペナルティのマイナス3点を考えると、失格はできない。軽めの練習しかやれていないけど、自力で頑張る。
(2)松尾 透 徳永さんが木村君の番手に行くなら、その後ろで。今期は2月に失格。だから来々期のS級点は取れないけど、調子はすごくいいので、来期のS級が楽しみですよ。
(3)木村幸希 3月の小倉戦でふがいないレースをしてから、練習をやり直した。それが好成績につながっています。自力で勝負。
(4)菅谷隆司 前回は新ルールに対応できずに苦しんだが、その最終日に修正して1着が取れたのでもう大丈夫と思う。単騎で自力。
(5)徳永哲人 木村君とは、彼がチャレンジから上がってきてすぐに連係したことがあるんですよ。だから、ここも前を任せたい。自分の状態は問題ない。
(6)内山貴裕 調子そのものは悪くないし、あとは展開次第。ここは山崎さんの後ろを固めていく。
(7)山崎光展 前々回の奈良は発熱で参加できなかったけど、もう体調も戻ったのでデキは心配ない。S級点が懸かっているし、横関君の番手で頑張りたい。


<各レースの見どころ>


 (1R)ナショナルチーム(中距離)で活動中の鈴木。最近やっとレース参加が増えて実戦勘も回復。「今回は優勝を狙いたいですね」と気合が乗っている。2着は、そつない奈良岡と伸びしろある野本の攻防。
【3連単】2―37―3457。


 (2R)奥井はオールスターのファン投票で「ドリームレース」に選ばれず、心に大きなダメージを負っている印象。それでも「自分のために頑張ります」と気持ちを切り替えて自力宣言。2着は、負傷明けから5連続優出の荒川と、4月小倉を含めて6連続優出中の元砂で横一線。
【3連単】5―17―1467。


 (3R)清水の逃げ一車レースで軸は不動。同県の西山が食い下がる。山村は「何でもやる」で飛び付き一考。広田は「アマチュアと練習してオーバーワーク気味かも」。
【3連単】1―7―2356。


 (4R)照屋の前2場所は散々も「調子は問題ない」。マーク杉山は「自分で動くようにして調子が上がってきた」と笑顔で、逆転十分。松本「自力では通用しないし、自在に」。栗林「展開がいいだけで、調子は戻っていない」。
【3連単】7=1―345。


 (5R)竹元が7月にデビューする弟の健竜(115期)に刺激を受けている様子。番手は89点まで点数を上げてきた大ベテランの重。友永は盲腸の手術明け3場所目も前回2勝と好ムード。旭の「自分で何でも」に栗田が追走。
【3連単】7―1―234か、7―24―234。


 (6R)大洞は前回後に風邪を引いたが、「最近ずっと流れがいいので大丈夫」とは頼もしい。中沢は踏み出しがいいので離れない。田口は重度の腰痛持ちだが、そんな中でも「自在」に立ち回る。
【3連単】1―7―235。


 (7R)予選7連勝中の今岡には逆らえない。今期93点で失格しない限り来々期のS級入りは安泰。田川は前回欠場も「調子はいい」なら逆転を少し押さえておきたい。3番手の南は明らかな調子落ちで、流れ込めるか不安だ。
【3連単】7=1―245。


 (8R)来期S級の格清が今期最後の3日間を「しっかりと走り抜きたい」。初日は予選10連勝を狙って激走だ。番手は同県の遠藤がきっちり固める。
【3連単】1―7―2を買わないなら、オッズ次第で1―2―7を買うか、見送りが賢明の本命戦。


 (9R)横関のスピード捲りを優先したが、2分戦なら木村も逃げてどこまでの気持ちになるか。大穴ならフリーに立ち回れる菅谷の車券絡みだろう。
【3連単】1―7―2345。菅谷から2車単で4=25が穴目。
 

PR

PR

注目のテーマ