西武山川最長ブランク弾 10試合、42打席ぶり一発

西日本スポーツ

3回1死、西武・山川が左中間ソロを放つ 拡大

3回1死、西武・山川が左中間ソロを放つ

 ◆中日-西武(18日・ナゴヤドーム)

 西武の山川穂高内野手(27)が、待ちわびた26号ソロを放った。2点を先制した直後の3回1死。阿知羅の真っすぐをはじき返すと、左中間スタンドぎりぎりに飛び込んだ。6月6日の広島戦(メットライフドーム)の第3打席以来のアーチ。実に10試合、42打席ぶりと今季最長ブランクでの一発となった。「打てて良かったです」とコメントした。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ