ソフトバンク甲斐野、初セーブ逃す「森さんはすごい」

西日本スポーツ

9回2死満塁、ヤクルト・青木に押し出し四球を与え降板する甲斐野 拡大

9回2死満塁、ヤクルト・青木に押し出し四球を与え降板する甲斐野

 ◆ヤクルト4―6ソフトバンク(18日・神宮)

 ルーキー甲斐野がプロ初セーブを逃した。3点リードの9回から登板したが押し出し四球を与え、2死満塁のピンチを残して降板した。「かなり緊張していた。余計なことをいろいろ考えてしまった。(ストッパーの)森さんはすごい。しっかり反省して、この投球を次に生かさないと意味がない」。結果を出せずに表情はさえなかったが、工藤監督は「甲斐野には絶対にプラスになる。こういう経験を積んで、最後を任される投手になってほしい」と奮起を促した。

PR

PR

注目のテーマ