5球で失点のソフトバンク・スアレスが登録抹消

西日本スポーツ

 ◆ヤクルト3-2ソフトバンク(19日・神宮)

 今季3敗目を喫したスアレスが20日にも出場選手登録を抹消される見込みとなった。初回、先頭山田にいきなり三塁打を浴びると、続く青木には左前へ運ばれ、わずか5球で先制を許した。さらに1死一塁でバレンティンに外角低めフォークを左翼席に運ばれる2ランを被弾。2日の楽天戦以来、17日ぶりの先発で初回につかまり「立ち上がりはもう少し、いいピッチングをしたかった」とうなだれた。

 2回以降は得点圏に走者を置きながらも追加点は与えず、4回6安打3失点。「2回以降はフォームを修正した結果が出て、自分らしい投球ができた」と手応えも口にしたが、今季は3度の先発登板でいずれも5回のマウンドに立てていない。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ