明豊と大分が軸に/大分大会の展望

西日本スポーツ

 第101回全国高校野球選手権(8月6日から16日間、甲子園)大分大会の組み合わせ抽選会が19日、行われた。44チームが出場。台風の目になりそうなのが、夏の前哨戦となる県選手権を制した日本文理大付だ。エース翁長佳辰(3年)は最速147キロを誇るプロ注目右腕。初の甲子園に向け、ライバル撃破に照準を絞る。7月24日に代表校が決定する予定。

 選抜大会4強の明豊と同2回戦に進んだ大分を中心に代表争いが展開されそうだ。明豊は2年生左腕の若杉晟汰を中心に投手層が厚い。大分は持ち前の高い攻撃力を武器に初の春夏連続出場を目指す。日本文理大付は最速147キロ右腕のエース翁長を擁して夏の前哨戦となる県選手権を制した。強力打線の大分工、古豪復活を目指す津久見や、チーム力の高い三重総合、投手力のある大分舞鶴、大分商なども上位を狙う。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ