ソフトバンク周東チームトップ12盗塁 9回代走で二盗

西日本スポーツ

9回1死一塁、打者川瀬のとき、二盗を決める一走周東(右) 拡大

9回1死一塁、打者川瀬のとき、二盗を決める一走周東(右)

 ◆ヤクルト3―2ソフトバンク(19日・神宮)

 周東が持ち味の果敢な走塁をみせた。1点を追う9回、先頭で右前打を放って出塁した松田宣の代走で出場。1死から二盗を決め、チームトップの盗塁数を12に伸ばした。「あのタイミングで仕掛けなかったら、自分が試合に出ている意味がない。走らないといけなかった」。広げた好機は白星に結びつかなかったが、俊足のスペシャリストとしての仕事を果たした。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ