ソフトB、また満塁で打てず これで27打席連続

西日本スポーツ

 ◆ヤクルト-ソフトバンク(20日・神宮)

 ソフトバンクがまたも満塁の好機を生かせず、その後、逆転を許した。

 初回、内川の7号ソロで先制し、2回は松田宣、甲斐の連打と塚田の四球で無死満塁とした。だが、川瀬が浅い中飛、大竹が見逃し三振、今宮が遊ゴロで無得点に終わった。これでソフトバンクは満塁で27打席連続、交流戦では14打席連続で無安打だ。

 そして、その裏、無死一塁で大竹が村上に逆転2ランを浴びた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ