柳沢予選トップ通過 グランドチャンピオン 【多摩川】

西日本スポーツ

 多摩川ボートのSG「第29回グランドチャンピオン」は22日、ファイナル進出を懸けて準優3番を行う。予選最終日は、得点率トップを争う峰竜太が6着に敗れて大きく後退すると、白井英治はイン戦で3着、守田俊介は転覆失格(選責外)。逃げはたったの4本だけと荒れに荒れた展開に。そんな中、予選トップ通過を決めたのは伏兵・柳沢一。2位は3日目から3連勝の太田和美、3位は白井が入り、それぞれ準優1枠を手にした。地元からは、中野次郎が8位で予選を通過。ベスト18入りを懸けた争いも大激戦。最終ボーダーの6・00には守田、寺田祥、魚谷智之が並び、上位着順差で魚谷が次点。ボーダー下からは、SG3連続Vを狙う吉川元浩や、4日目連勝の田村隆信、徳増秀樹が勝負駆けに成功した。

PR

PR

注目のテーマ