西武・高橋光、甲子園プロ初登板5回3失点 辻監督「今までと違った」

西日本スポーツ

1回2死一塁、阪神・マルテに勝ち越しの左越え二塁打を浴びた西武・高橋光(右端) 拡大

1回2死一塁、阪神・マルテに勝ち越しの左越え二塁打を浴びた西武・高橋光(右端)

 ◆阪神5-3西武(21日・甲子園)

 甲子園初登板の高橋光は白星を挙げられなかった。6年前の夏、前橋育英高のエースとして甲子園で全国制覇。その“栄光のマウンド”で5回3失点で降板した。チームに勝利を呼び込めず「テンポよく投げることができず、リズムをつくることができなかった」と悔やんだ。チーム勝ち頭の7勝をマークしている右腕だが、辻監督も「きょうはちょっと悪かったね。真っすぐの走りも悪かったし、今までの(高橋)光成とは違ったね」と残念そうだった。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ