西武交流戦V消滅 初回1点止まり 辻監督「ざんげします」

西日本スポーツ

1回無死一、二塁、空振り三振に倒れる西武・山川 拡大

1回無死一、二塁、空振り三振に倒れる西武・山川

 ◆阪神5-3西武(21日・甲子園)

 阪神に競り負けての黒星で、西武の交流戦初Vの可能性が消滅した。「そんなこと(優勝)、思ってもなかったよ」と苦笑いした辻監督は“勝負の分かれ目”を「全ては初回だな」と表現した。

 西武は阪神先発西のオリックス時代、22試合で9勝3敗。西から見た対戦防御率も5・14という相性の良さが初回から出た。秋山の左中間二塁打と源田の中前先制打でスコアボードに「1」が記されたのは試合開始から4分後、わずか8球で攻略しての速攻劇だ。外崎も右前打で続き、山川の三振で1死一、二塁。打席にはパの首位打者をひた走る5番森がいた。

 「うちでは選球眼が一番いい」と辻監督はフルカウントからの6球目に2人の走者を走らせた。バットに当ててくれれば2死二、三塁だ。だが森は空振り三振。二走の源田が三塁で刺され、結局1点しか奪えなかった。

 4連勝で勢いに乗っていた西武と6連敗中だった阪神。指揮官は「そういうところで流れを切っちゃった。いけるところだった…」と語る。その裏に2失策絡みで2失点。西武らしからぬさえない攻守に、辻監督は「ざんげします」と言って敗戦後の会見を終えた。 (喜瀬雅則)

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ