沖縄は大雨の中で開幕 高校野球地方大会始まる

西日本スポーツ

沖縄大会の開会式で選手宣誓する南部農林の大城優一朗主将 拡大

沖縄大会の開会式で選手宣誓する南部農林の大城優一朗主将

 第101回全国高校野球選手権大会(8月6日から甲子園)の出場49校を決める地方大会が22日、全国のトップを切って沖縄、南北海道で開幕した。

 沖縄大会は那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で開会式が行われ、64校が入場行進した。選手宣誓では南部農林の大城優一朗主将(3年)が「野球が大好きだという思いでここまでくることができました。夢を諦めず戦い抜くことを誓います」と宣言した。

 大城は「宣誓文を書いて音読を繰り返しました。高校最後だったので宣誓をやりたかった。今日の出来は満足です」とホッとしたように笑みを浮かべた。

 開幕戦の興南-宮古総合実は午前10時半にプレーボール予定だったが、直前に大雨が降りだしたため開始を見合わせた末に中止が決定。22日に行われる予定だった6試合がいずれも23日に順延となった。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ