ソフトバンク劣勢で甲斐キャノン 原監督はリクエスト

西日本スポーツ

6回1死一塁、打者若林のとき、甲斐は巨人・増田大の二盗を阻止する 拡大

6回1死一塁、打者若林のとき、甲斐は巨人・増田大の二盗を阻止する

 ◆巨人-ソフトバンク(22日・東京ドーム)

 劣勢の試合展開の中で、ソフトバンク甲斐が盗塁を阻止した。

 2点ビハインドの6回に登板した嘉弥真が巨人阿部に適時打を許し、3点差に広げられてなお1死一塁。続く若林が1ストライクからの見送った2球目で、代走増田大がスタートした。

 捕手・甲斐の二塁送球はベースのやや右へ。ワンバウンドしたがベースカバーに入った二塁手・川瀬が押さえ、二塁塁審はアウトを宣告した。

 巨人原監督はすかさずリクエストし、リプレー検証が行われたが、判定は覆らず2アウト。場内に流れた映像でも増田大が二塁到達する前に、川瀬が捕球したグラブでそのまま走者に触れている様子がうかがえた。

 2死走者なしとなって若林は粘ったが空振り三振に倒れ、ソフトバンクはさらなる失点を免れた。

PR

PR

注目のテーマ