ソフトバンクが巨人に大敗 交流戦V持ち越し23日決戦

西日本スポーツ

3回2死一、三塁、巨人・岡本に2点適時二塁打を浴び顔をしかめる高橋礼 拡大

3回2死一、三塁、巨人・岡本に2点適時二塁打を浴び顔をしかめる高橋礼

 ◆巨人7-2ソフトバンク(22日・東京ドーム)

 ソフトバンクは勝てば交流戦優勝が決まる状況だったが、巨人に大敗。優勝決定は23日に持ち越しとなった。

 交流戦2戦2勝だった先発の高橋礼が、3回2死から4連打を浴び3失点。3点を追う5回に1死一、三塁と巨人の先発・山口を攻め、ベンチは高橋礼に代打栗原を送ったが、内野ゴロの間に1点を返すにとどまった。

 その後の救援陣が踏ん張れず、6回に嘉弥真が1点を失い、再び3点差。7回は松田遼が無死満塁のピンチを招いて降板、後を受けた加治屋が適時二塁打と犠飛を許して3点を加えられた。

 6点差の9回は沢村から2四球で2死一、二塁のチャンスを得て、代打福田の適時二塁打で1点を返したものの、そこまでだった。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ