V持ち越し工藤監督決戦へ「そういう緊張感、何より」

西日本スポーツ

敗戦が決まり、東京ドームのスコアボードを見つめる工藤監督 拡大

敗戦が決まり、東京ドームのスコアボードを見つめる工藤監督

 ◆巨人7-2ソフトバンク(22日・東京ドーム)

 交流戦1位のソフトバンクは2位の巨人に敗れ、交流戦優勝決定は23日に持ち越しとなった。

 ここまで7勝の先発・高橋礼が3回に2死から4連打で3失点。5回の好機で代打を送られ、今季最短の4回で降板となった。

 工藤監督は「彼のいいところは右打者のインサイドに投げて、というところだけど、今日はうまく制球できなかったかな」と残念がり「それと緩急がちょっと少なかった」と見ていた。

 一時は2点差としたが、救援陣が失点を重ね、9回に1点を返すも及ばず。23日のこのカード3戦目は互いに勝てば交流戦優勝という状況で迎える。

 指揮官は「お互いにそういう緊張感の中でできるのは何より」とし「最終的に勝てるように。今日は勝ちパターンで使うピッチャーも休むことができた」と強調した。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ