ソフトバンク和田に四球で巨人原監督が断 菅野2回無死で降板

西日本スポーツ

2回無死、和田に四球を与え降板する巨人・菅野 拡大

2回無死、和田に四球を与え降板する巨人・菅野

 ◆巨人-ソフトバンク(23日・東京ドーム)

 勝ったチームが交流戦優勝の一戦に、予想外の展開が待っていた。

 ソフトバンクが初回、巨人先発の菅野から一挙4得点。1番福田のプロ初となる初回先頭打者本塁打で先制すると、制球が定まらない菅野の2四球とグラシアルの内野安打で1死満塁。松田宣の内野安打に相手エラーが絡んで2点を加え、なおも一、三塁から甲斐のセーフティースクイズも決まった。

 打者8人を送り込み、続く2回は9番投手の和田から。3球で追い込まれた後、和田は粘ってフルカウントから低めの変化球を見送って四球を選んだ。

 ここで巨人の宮本投手総合コーチがマウンドへ。原監督もベンチを出た。菅野は今季最短の1回0/3で降板。ソフトバンクはこの回2死三塁としたものの、2番手の大江に後続を断たれた。

PR

PR

注目のテーマ