西武山川が「どすこい」をリクエスト 柳田に代わり球宴トップ得票

西日本スポーツ

 プロ野球のマイナビオールスターゲーム2019(第1戦=7月12日・東京ドーム、第2戦=同13日・甲子園)のファン投票最終結果が24日に発表され、西武の山川穂高内野手(27)が12球団最多となる53万1187票を集め2年連続2度目の出場を決めた。西武勢はほかに秋山翔吾外野手(31)が全体2位の51万4262票で5年連続5度目、昨年第1戦でMVPの森友哉捕手(23)が2年連続3度目の出場を決めた。

 昨年まで3年連続で全体最多得票だったソフトバンクの柳田が今年は開幕まもなく離脱。外野手部門3位で選出はされたとはいえ得票は昨年より減り、山川は名実ともに球宴の顔として出場することになった。

 会見に臨んだ山川は「とてもうれしく思います」と喜びの表情を浮かべた。ここまで27本塁打でリーグトップを独走中。本戦はもちろん、試合前のホームラン競争にも強い意欲を見せた。「去年、ホームラン競争で負けているので、今年は万全の状態で一切手を抜かず全力でやりたい」と意欲満々だ。

 さらに、本塁打を放った後のおなじみとなった「どすこい!」パフォーマンスを他の出場選手たちにリクエスト。「パ・リーグの皆さんにもやっていただけると思うので、ぜひ(本塁打を)打ちたい」と球宴初アーチに照準を合わせた。

 山川は初出場だった昨年の球宴では2試合で6打数2安打。本塁打はなかった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ