西武森「下手くそ」とは言わせない 雄星去った球宴の楽しみ方

西日本スポーツ

ファン投票でオールスターゲームに選出されポーズを見せる西武の(左から)秋山、山川、森 拡大

ファン投票でオールスターゲームに選出されポーズを見せる西武の(左から)秋山、山川、森

 プロ野球のマイナビオールスターゲーム2019(第1戦=7月12日・東京ドーム、第2戦=同13日・甲子園)のファン投票最終結果が24日に発表され、西武の山川穂高内野手(27)が12球団最多の53万1187票を集め2年連続2度目の出場を決めた。西武勢はほかに秋山翔吾外野手(31)が全体2位の51万4262票で5年連続5度目、森友哉捕手(23)が2年連続3度目の出場を決めた。

 森は3年ぶり出場で捕手としては初めて選出された昨年の球宴の第1戦で自身初のMVPを獲得。西武のかつてのエース、中日・松坂から初回に3ランを放ち主役の座を奪うなど大暴れした。捕手部門で選出された西武の選手のMVPは埼玉・所沢移転後では森が初めてだった。

 今年は打率リーグトップを走り、得点圏打率も上位をキープ。打撃の活躍がひときわ光り2年連続MVPへの期待も膨らむが、まずは正捕手としてのワクワク感を口にした。

 「去年は(菊池)雄星(現マリナーズ)さんと最初にバッテリーを組んだ。今年はパ・リーグを代表するピッチャーと組めるので、そこが一番の楽しみ。あいつ、下手くそやな…と思われないように頑張ります」と意気込んだ。

PR

PR

注目のテーマ