またギータ伝説!6年連続球宴 2カ月超離脱でも選出は異例

西日本スポーツ

19日、筑後の屋内練習場で打ち込む柳田 拡大

19日、筑後の屋内練習場で打ち込む柳田

オールスターファン投票選出選手 工藤監督就任以降の球宴ファン投票選出選手

 「ギータ伝説」また一つ! マイナビオールスターゲーム2019(7月12日=東京ドーム、13日=甲子園)のファン投票の結果が24日に発表され、福岡ソフトバンク柳田悠岐外野手(30)が、外野手部門の3位で選出された。

【一覧】オールスターファン投票選出選手

 左膝裏肉離れのため開幕直後から2カ月半以上戦列を離れているが、5年連続でのファン投票選出。チームからは先発部門で千賀滉大投手(26)が、遊撃部門で今宮健太内野手(27)がともに2年ぶりにファン投票で選出された。

■早期復帰目指す

 スーパースターの証しだ。左膝裏肉離れのため4月上旬からリハビリを続けている柳田が、全国にいる多くのファンの支持を受けて今年も球宴に選出された。初出場した2014年から6年連続。15年からは5年連続のファン投票選出だ。昨季までは3年連続で12球団最多得票を獲得。これは1995~2000年のイチロー以来の快挙で、いまや日本球界の「顔」であることは間違いないが、2カ月半以上戦列を離れている中での選出は異例中の異例だ。

 柳田は4月7日のロッテ戦で三盗を試みた際に左膝裏を痛め、翌8日に登録を抹消された。今季出場はわずか9試合。まだ2軍での実戦復帰にも至っていない中での選出に、柳田は球団を通じて「シーズン始まってすぐにけがをして試合に出てないのにもかかわらず、たくさんのファンの方に票を入れていただき光栄です。まだけがは完治していませんが、出場することができれば全力プレーで頑張ります」と、ファンへの感謝の思いを示した。

 現時点で球宴出場は微妙な状況だが、多くのファンの思いを一日でも早い復帰へつなげる意気込みだ。柳田は15日にフリー打撃を再開。患部に問題がなければ今月末のウエスタン・オリックス3連戦(28、29日=筑後、30日=熊本)で実戦復帰するプランもあったが、20日に痛み止めの注射を打った影響もあり、実戦復帰は7月以降にずれ込む見通しとなった。

 23日には筑後の2軍施設で打撃練習を再開。「治っていれば(球宴に)出られるし、治ってなければ出られない。目指すのはそこ(治すこと)。今は治すことだけを目指している」。2軍戦出場→球宴前の1軍復帰を経て、球宴の舞台でファンに雄姿を披露するために、まずは完治に全力を注ぐ考えだ。

 仮に球宴前までに1軍出場登録されない場合は、出場辞退が濃厚となる。昨季までは球宴辞退の場合、野球協約でリーグ戦再開後10試合に出場できないと定められていたが、今季からは球宴直前の試合まで抹消されていた場合、その抹消期間中の試合数を球宴後の10試合から差し引くように改定されたため、球宴直後からの1軍復帰も可能となる。タカ党だけでなく、全国のファンからその雄姿を期待されているスーパースターが、一日でも早い復帰を目指す。 (倉成孝史)

PR

PR

注目のテーマ