酒と餃子と 舌心 加薬が2種類のギョーザ 福岡市中央区

西日本スポーツ

 福岡市中央区渡辺通にある居酒屋「上四十川 舌心」が5月に、店名と看板メニューを魚料理から餃子(ギョーザ)に変更した。「焼き餃子」は8個422円。

 「焼き面が広く皮のパリパリとした食感が楽しめます」と店主の大柳昌弘さん(44)。具材は豚肉とキャベツだが、これにニンニクとニラを加えた「太陽」と、ショウガと長ネギの「月」の2種類がある。「スープ餃子」(6個530円)も好評。3種類のスープがあり、こちらも太陽か月が選べる。多彩な地酒は「のみくらべ三種」(972円)がお薦め。

 福岡市中央区渡辺通1の9の15、藤コーポ1階。電話092(775)2627。日曜定休。

PR

PR

注目のテーマ