西武からフレッシュ球宴に3選手 ドラ1松本航、本田、西川

西日本スポーツ

 フレッシュオールスターゲーム(7月11日・楽天生命パーク宮城)の出場選手が26日発表され、西武からは本田圭佑投手(26)、松本航投手(22)、西川愛也内野手(20)の3選手が選出された。

 仙台市出身の本田は「派手なピッチングはできませんが、しっかり抑えられるようなベストピッチをしたい。地元で投げることができるので、家族や友人、そして地元のファンの皆さまに楽しんでいただけるような投球をしたい」とコメントした。

 ドラフト1位の松本航は「非常に光栄に感じています。マウンドで自分の力を発揮できるように頑張ります。躍動感のある投球をして、ファンの皆さまに力強い直球を見てほしい」と話した。

 高卒2年目の西川は「とてもうれしく思います。まだまだ実力が伴っていないと思うので、将来は1軍のオールスターに選ばれるような選手になるためにもっと練習したいという気持ちになりました。当日は一つ一つ、当たり前のことを当たり前のようにやっていきたい」と初々しく語った。

PR

PR

注目のテーマ