サニブラウン雨に「自分のせい」帰国後の美食秘話も

西日本スポーツ

 陸上の日本選手権は27日に福岡市・博多の森陸上競技場で開幕する。男子100メートルで9秒97の日本新記録を樹立したサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が26日、大会前日の意気込みを語った。

 雨のため屋内で練習後、同競技場で会見した。一問一答は以下の通り。

-2年ぶりの日本選手権出場

 日本で走るのがものすごく久しぶり。とても楽しみ。

-帰国してからの調整と食事は。「食べたいものが多すぎる」と言っていた

 調整はたくさん寝て、たくさん食べてという感じ。高校のときの先輩、友だちなどに会って、いろいろと懐かしい話をしたり。後輩のお父さんが「ホテル雅叙園」のオーナーで、そこでごちそうしてもらったり。いろんなおいしいものを食べてこられて良かった。

-桐生、小池らライバルへの意識は

 自分的には他の人は気にせず、自分の走りができればそれで満足。自分のやるべきことをやって、自分の課題をクリアできればなと。

-大会日程が例年より1日長く4日間になった

 あー、めちゃくちゃうれしいです。(前回出場した)2017年の時、ほんとに満身創痍(そうい)で走ってたんで。今年は1日余裕ができて、200(メートル)に切り替えて集中していけると思う。パフォーマンスにもいい影響が及ぶのかなと。

-9秒台を出しての意識の変化や、日本記録保持者として実現したい走りのイメージなどあれば

 うーん…気持ちの部分ではあんまり変わってるものはないかなと。10秒で走ろうが9秒で走ろうが、自分は課題が結構、多い。9秒(台)で走ったレースでもコーチに指摘されたことは多々あった。どんどん直していければいいタイムは出るのかなと。タイムうんぬんよりは、いい内容で走れれば。

-雨が予想される。得意か、不得意か

 自分が出る日本選手権、全部、雨降ってるので。ちょっと自分のせいな部分もある。結構、慣れっこなんでたぶん大丈夫だと思う。

PR

PR

注目のテーマ