ソフトバンク松田宣、球宴初「熱男したい」 選手間は7度目

西日本スポーツ

 プロ野球のマイナビオールスターゲーム2019(7月12日=東京ドーム、13日=甲子園)の選手間投票の結果が27日に発表された。

【表】オールスター選手間投票結果

 既にファン投票で出場が決まっている23選手に加え、新たに松田宣(ソフトバンク)、西川(日本ハム)、デスパイネ(ソフトバンク)、ロペス(DeNA)、高橋(中日)、丸(巨人)の計6選手が選出された。

 選手間投票で7度目の選出となった松田宣が9年連続9度目となる球宴(不出場1回)への意気込みを語った。交流戦では打率3割4分8厘、7本塁打をマークし初のMVP。ここまでチームで唯一全試合に出場し、好調をキープする36歳のベテランは「毎年ホームランを打ちたいと思っているけどまだ1本も打てていない。全国の皆さんと『熱男』をしたい」と悲願の球宴1号を目標に掲げた。

PR

PR

注目のテーマ