ソフトバンク甲斐、自己最多8号 千賀助ける“有原撃ち”

西日本スポーツ

 ◆日本ハム5-7ソフトバンク(28日・札幌ドーム)

 女房役の甲斐が、千賀を助ける貴重な一発を放った。1点リードの6回2死。有原の初球のスライダーを捉えると、打球は右翼席ギリギリに飛び込み、グラウンドに跳ね返った。リプレー検証が行われたが判定は覆らず、8号ソロ。昨年の7本塁打を超え、自己年間最多とした。「2‐1で苦しい状況だったので良かった。ホームランを打つバッターではないので、チームの力になれるバッティングをしたい」。交流戦で打撃好調だった男は、捕手としてチームの勝利を喜んだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ