ソフトバンク明石が先制弾 本塁打出てればサイクルから一夜越し一発

西日本スポーツ

 ◆日本ハム-ソフトバンク(29日・札幌ドーム)

 ソフトバンクの明石が先制の2号ソロを放った。

 4回無死。日本ハムの先発杉浦の投じた内角高めの140キロ真っすぐを巧みに捉えて、右翼スタンドへ放り込んだ。

 前日28日の同カードでは初回に二塁打、5回に右中間を破る三塁打をマークすると、7回の第4打席では投手強襲の内野安打。本塁打が出ればサイクル安打達成だった8回の最終打席は「狙ったけど」と意気込んだが二飛に。苦笑いを浮かべていた。それでも一夜越しのアーチを見舞った形だ。

 本塁打は4月25日のオリックス戦(ヤフオクドーム)で放った延長10回サヨナラバック宙3ラン以来、約2カ月ぶり。

PR

PR

注目のテーマ