ソフトバンク高田8日以来適時打

西日本スポーツ

 ◆日本ハム4-5ソフトバンク(29日・札幌ドーム)

 「9番遊撃」で出場した高田が、8日の広島戦以来となるタイムリーを放った。2点を追う5回に、無死満塁から井口の直球を中前へ。2人の走者を生還させる同点適時打となった。「前に飛ばせば何とかなると思っていた。タイムリーというよりヒットもなので、うれしい気持ちとホッとした気持ちがある」。安打自体も9日の広島戦以来だっただけに、チームが勝利したこともあり試合後は安堵(あんど)の表情を浮かべていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ