荒尾ら優出 ダイヤモンドR 【飯塚】

西日本スポーツ

 飯塚オートのチャリロト杯G1「第62回ダイヤモンドレース」は29日が4日目。ブチ→湿→ブチ→湿と目まぐるしく変わる走路状態の中で争った準決は、青山周平、中村雅人、浦田信輔、永井大介、丹村飛竜、篠原睦らのS級上位勢が次々と脱落。そんな中でも雨の浜松SGオールスターを制した荒尾聡は、準決12Rで竹谷隆には先着を許したものの、きっちりと2着は確保して優出。荒尾、竹谷以外の地元勢は、別府敬剛、新村嘉之がそれぞれ1着で準決を突破した。最終日12Rの優勝戦は雨中決戦が濃厚。雨なら竹谷の逃げから狙う。

PR

オートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ