西武お見事「足」で同点 源田&外崎ダブルスチール

西日本スポーツ

 ◆西武-オリックス(30日・メットライフドーム)

 西武が電光石火の足技で試合を振り出しに戻した。 2点を先取された直後の3回。無死一、二塁から外崎の中前適時打で1点を返し、なお一、三塁とチャンスを広げた。4番山川への2球目で一走外崎がスタート。捕手飯田が送球した瞬間、三走源田がホームスチールを敢行した。

 二塁がクロスプレー(セーフ)となる間に源田は悠々と生還し、鮮やかな重盗で同点に追いついた。

 西武は1回にも秋山が二盗に成功。3回の重盗で12球団最多のチーム盗塁数は82個となった。

PR

PR

注目のテーマ