車いすでのタックルに児童驚き ラグビーキャラバン

西日本スポーツ

 9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)の機運醸成と競技普及を目指す「ラグビーキャラバン」が30日、北九州市八幡西区の本城陸上競技場で初開催された。参加した約70人の児童は、元日本代表選手から競技の楽しさを学んだ。

 ラグビー元日本代表主将の広瀬俊朗氏と車いすラグビーの元日本代表、三阪洋行氏が企画。趣旨に賛同する福岡市の車いすラグビーチーム「福岡ダンデライオン」が主催した。

 児童らは、タックルの代わりに腰につけたタグを奪う「タグラグビー」と車いすラグビーを体験。想像を超える車いすでのタックルの衝撃に驚く姿もあった。広瀬氏は「障がいの有無は関係なく楽しめる両競技を知ってもらえて良かった」と話した。 (金田達依)

PR

PR

注目のテーマ