J2福岡、2度リードも逆転負け 森本今季初弾実らず

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J2第20節 福岡2―4山口(30日・レベルファイブスタジアム)

 2度もリードを奪いながら、福岡はまたしても白星を逃した。後半33分に勝ち越され、終了間際に失点して今季2度目の4失点で山口に敗北。5戦勝ちなしに、試合終了後のレベルファイブスタジアムにはブーイングが響いた。久藤監督就任後、1分け3敗。いまだに勝ちがない。指揮官は「いい時間帯に点を取れたが、流れの悪い時に我慢することができなかった」と悔やんだ。

 光明はある。前半7分、今季初先発の森本が今季初得点。前半37分には石津もゴールを決めた。森本は「巻き返す機会はある。キヨさん(久藤監督)の下で結果を呼び込めるよう準備したい」と力を込めた。

 リーグ戦20試合を終え、J3降格圏の21位。ホーム連戦の次節は最下位岐阜を迎える。主将の鈴木や城後など主力選手が故障でベンチから外れ苦しい状況だが、岐阜戦の前には中2日で天皇杯2回戦鹿児島戦もある。試練を乗り越える力が試される。 (広田亜貴子)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ