ソフトバンク高田2戦連続適時打

西日本スポーツ

 ◆日本ハム3―4ソフトバンク(30日・札幌ドーム)

 高田が2試合連続のタイムリーを放った。1点を奪い同点とし、なお2回2死一、三塁。浦野の高め真っすぐを捉えて、右前へと運ぶ一時勝ち越し打をマーク。守っても8回のピンチで本塁への好送球を見せた。離脱中の今宮に代わって、遊撃スタメンを5試合連続で務める男が攻守で勝利に貢献。「同点に追いついた直後で、少しだけ楽な気持ちで入れた。適時打になりよかった」とうなずいた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ