球宴でも出るか「甲斐キャノン」 監督推薦で2年連続出場

西日本スポーツ

 プロ野球のマイナビオールスターゲーム2019(7月12日=東京ドーム、13日=甲子園)の監督推薦選手が発表され、ソフトバンクから甲斐拓也捕手(26)と2年目の高橋礼投手(23)が選ばれた。すでに選出されている千賀、今宮、柳田、松田宣、デスパイネと合わせソフトバンクからの出場は計7選手となった。

 2年連続2度目の選出となった甲斐は今季盗塁阻止率がリーグ2位の3割7分2厘。昨年の日本シリーズでは6度の盗塁をすべて阻止してMVPに輝き“甲斐キャノン”の愛称が全国区となった。「すごい選手が集まるなかでプレーさせてもらえてうれしい。いいプレーを一つでも見せられるように」と今夏の球宴でも自慢の強肩がさく裂するか、期待がかかる。

PR

PR

注目のテーマ