球宴プラスワン投票開始 HR競争に甲斐らノミネート

西日本スポーツ

 マイナビオールスターゲーム2019(第1戦=12日・東京ドーム、第2戦=13日・甲子園)に出場する最後の一人を選ぶ「プラスワン投票」が1日、日本野球機構(NPB)の公式サイトなどで始まった。

 ファン投票と選手間投票で既に出場が決まっていた29人に加え、この日、監督推薦で新たに27人が選出。このいずれでも選ばれていない選手から、セ・パ両リーグ1人ずつを選ぶ。投票はツイッターでも可能で、期間は3日まで。

 またホームランダービー出場選手(両リーグ4人ずつ)を選ぶファン投票は2日から7日まで、NPB公式サイトで行われる。セは22本塁打の坂本勇(巨人)、20本塁打の山田哲(ヤクルト)ら、パは27本塁打の山川(西武)、21本塁打のレアード(ロッテ)ら、計23人がノミネートされた。

 ノミネート条件は(1)6月30日時点で7本塁打以上か(2)昨季15本塁打以上。これまでシーズン15本塁打以上の経験がない鈴木(ロッテ)、今宮、甲斐(ソフトバンク)、会沢(広島)、梅野(阪神)が(1)の条件を満たしてノミネートされた。

 投票結果はともに9日に発表される。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ