ソフトバンク終盤ドラマで5連勝 楽天に6戦ぶり勝った

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-6楽天(2日・ヤフオクドーム)

 首位ソフトバンクと2位楽天の首位攻防3連戦。初戦は優勢に進めたソフトバンクが終盤に一時逆転を許したものの、再逆転して競り勝った。

 初回無死からグラシアルの右越え3ランであっさり先制。2回にも連打から捕手・山下の捕逸で1点、相手が継投に移った6回にもグラシアルの犠飛で1点を加えた。

 先発の高橋礼に3回の内野ゴロ間の1失点でリズムよく投げていたが、4点リードの7回2死から茂木に3ラン被弾。1点差とされ、この回限りで降板した。

 直後の攻撃を三者凡退で終えると、8回には2番手モイネロが2死から銀次に逆転2ラン被弾。それでも直後にブセニッツを攻め、1死満塁からグラシアルの2点適時打で逆転。デスパイネの犠飛で2点リードとし、9回は甲斐野で逃げ切った。

 ソフトバンクは交流戦優勝を決めた最終戦から5連勝。楽天に対しては前回対戦で同一カード3連敗を喫するなど5連敗中だったが、6試合ぶりに勝ち、ゲーム差を3に広げた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ