ソフトバンク福田、今季初2番起用に応えた 猛打賞で貢献

西日本スポーツ

1回無死二塁、二塁内野安打を決める福田 拡大

1回無死二塁、二塁内野安打を決める福田

 ◆ソフトバンク8-6楽天(2日・ヤフオクドーム)

 今季初めて2番に入った福田が、猛打賞の活躍で勝利に貢献した。初回は無死二塁でセーフティーバントを決め好機を拡大。「次にいい打者がいるので2番で使われた意味を考えた」と、グラシアルの3ランにつなげた。6回には1死一、二塁で内野安打。逆転された直後の8回には1死一、二塁で左中間へ長打性の打球を放ったが、中堅に捕球されたと勘違いした高谷と牧原のスタートが遅れたため単打に。それでもこの回の再逆転につながったことで、今季3度目の3安打に試合後は満面の笑みを浮かべていた。

PR

PR

注目のテーマ