ソフトバンク高橋礼、8勝目はお預け 7回の被弾猛省

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-6楽天(2日・ヤフオクドーム)

 先発した高橋礼が、7回4失点と試合をつくったものの8勝目はならなかった。初回に味方打線から3点の援護をもらうと、持ち前のテンポのよい投球で6回までは4安打1失点。4点リードの7回に2死一、二塁から茂木に3ランを浴びたが、勝利投手の権利を持ってこの回でマウンドを降りた。「勝負どころでボールが真ん中に集まってしまった」。8回にモイネロが2ランを浴びたことで白星が消えたが、自らの投球を猛省していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ